高金利通貨の特徴

トルコリラ、南ア・ランド、メキシコペソの特徴は?

トルコ、南アフリカ、メキシコ等は政策金利など金利水準が高いため、スワップポイントを目的とした投資家に人気があります。これらの通貨は高金利のため、高いスワップポイントを得ることができます。しかし新興国通貨は将来の発展が期待できる反面、先進国通貨にくらべ政治・社会情勢等によって通貨が暴落するリスクがあります。以下のことに注意して取引をする必要があります。

・トルコリラ
トルコの内政は不安定で、シリアや他の中東諸国と接しており、情勢が悪化した際には巻き込まれるというリスクがあります。

トルコリラの為替相場は、原油価格の上昇・下降に関係し、価格が上昇するとトルコリラの下落要因となり、価格が下降するとトルコリラの上昇要因となります。


・南ア・ランド
失業率が高く、国内情勢は安定しているとは言えません。

発電施設の老朽化等により電力供給能力が低下しており、しばしば電力不足が発生し、経済成長に悪影響を与えるなどの不安要素があります。


・メキシコペソ
米国と隣接しており、米国への依存度が非常に高くメキシコの貿易は輸出の約8割、輸入の約5割を米国が占めています。そのため、米国の政治経済の影響を受けやすく、その動向に注意する必要があります。

資源国であるため、その特徴として資源価格と為替相場が連動しやすく、激しい値動きをする傾向があり、突然下落する場合があるので注意が必要です。


以上が新興国通貨の特徴ですが、どの通貨ペアでもメリットとデメリットがあり、新興国通貨が特別リスクが高いというわけではありません。

運用する通貨ペアの特徴をよく理解し、資金管理をしっかりして、無理のない安全な運用をこころがけていけばそれほど心配する必要はないと思います。

スポンサーリンク

Posted by jiji.my39