ループイフダンでロスカットに合わない!

私が実践しているループイフダンの設定をご紹介します!

まず運用資金とレンジの幅を決めます。直近1~2年のおおよその中央値から過去10年間の最安値を参考にしてレンジ幅を決めます。運用資金と想定レンジが決まれば、保有ポジション数が決まります。

それでは、例を上げて説明します。

運用通貨:南アランド
運用資金:100,000万円
必要証拠金:2,880円
過去最安値:6.39円
直近一年間の中央値:7.35円
下落幅:0.96円(7.35円-6.39円)

100,000円÷(2,880円+9,600円)=8.01

保有可能なポジション数は8本です。しかし、これではロスカットギリギリですので、少し本数を減らしておくと安心・安全です。目安は証拠金維持率600%以上がより安全かと思います。

これで手持ちの資金で過去10年間の最安値レベルまで下落しても強制ロスカットに合わなくて済みます。(それ以上下落した場合は損切または資金投入が必要ですが、ないことを祈ります。)

相場が想定レンジを上に抜けた場合は、ループイフダンをストップします。相場が想定レンジ内に戻ったら再開します。その間はスワップポイントは得ることができるので問題ありません。
この考え方は、かなり消極的な方法ですが、自動売買とスワップポイント投資には有効的だと考えます。

これらの設定は、あくまで我流で大した根拠もありません。この方法で始めてからは大きな失敗はないので、続けているだけです。お勧めしているわけではありませんので、投資は自己責任でお願いします。

Posted by jiji.my39