フラッシュクラッシュとは?

フラッシュクラッシュとは
為替相場の世界には「フラッシュクラッシュ」というものがあります。
フラッシュクラッシュとは、相場が瞬間的に暴落、急落することで、それまで安定していた相場が一瞬にして急落、暴落するというものです。

フラッシュクラッシュは、様々な要因が重なって起こりますが、特にAIを活用したコンピューターアルゴリズムの自動売買が原因だとされており、これらのアルゴリズムは機関投資家の間で使用されていて、相場の流動性が低い時に大きな注文等がはいった時や重要人物の発言や軍事的な動きがあると瞬時に反応するため、フラッシュクラッシュを起こす原因になると言われています。

では、どうすればフラッシュクラッシュを防げるか?
フラッシュクラッシュは流動性が低い時に発生することが多く、またマイナー通貨で起こりやすいという特徴があります。そのため流動性が低い時、例えばGW、お盆休み、年末年始などです。なるべくそのような時期には取引を避けましょう。マイナー通貨はメジャー通貨より取引高が少ないので常に流動性が低く、ロスカット狙いで意図的にフラッシュクラッシュが引き起こされる可能性が高いのです。

このようなことから、流動性が低くなるGW、お盆休み、年末年始などは取引を避けるようにし、万が一フラッシュクラッシュに遭遇してもロスカットされないように資金管理をしっかりしておくことが大切かと思います。

スポンサーリンク

Posted by jiji.my39